環境リサイクルを親子で考えてみよう

実際に取り組もう!おうちでできるリサイクル

地道な分別こそ一番大事!

自分の住んでいる自治体によって、ごみの分別方法は違います。
資源ごみ以外は全て燃えるごみで良いという自治体もあれば、燃えるごみと燃えないごみが細かく分けられている自治体もあります。
つい面倒くさがって分別を無視してしまうことはありませんか?
ごみをきちんと分別することで再資源化がしやすくなります。
ごみを分別することは最も大切で、最も身近にできるリサイクルなのです。

親子でぜひ、ごみの分別について一度話し合ってみて下さい。

また、家電などの大型のものはリサイクルできる場合があります。
適切に処分することが大切なので、きちんと処分の仕方を調べてから捨てるようにしましょう。
家電製品には、貴重で大切な資源がたくさん使用されています。
ですので、ぜひ面倒くさがらずきちんとルールを守って捨てるようにしましょう。

くり返し使うこと

スーパーやコンビニでお弁当などを購入すると、割りばしをつけてもらえますよね。
しかし、よく考えると割りばしも資源の一つ。
もちろんこういったものを使用後にきちんと分別して捨てることは大切ですが、少し発想を変えて自分専用のものを持ち歩くこともリサイクルに繋がります。

例えば、「マイはし」や「マイボトル」です。
最近では様々なデザインや形のものが売られているので、従来よりもずっと選ぶのが楽しいです。
こういった、繰り返し使うことができるものを使用することで、そもそもごみ自体を減らしてしまうこともできます。
自分たちのちょっとした意識で、資源や自然環境、それに子供たちの未来を守ることができます。
ぜひ、一度親子でリサイクルについて話してみて下さいね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る